ニュース / News

30年以内にマグニチュード8〜9級の巨大地震が発生する確率 70〜80%

更新日:

2月9日、政府の地震調査委員会が、東海地方から九州の太平洋側に延びる東海トラフについて、今後30年以内にマグニチュード8〜9級の巨大地震が発生する確率を今年1月1日時点で「70〜80%」に引き上げたと発表した。


高知県民向けの冊子「南海トラフ地震に備えちょき」

 

確率は毎年計算し直しており、昨年は「70%程度」との発表だったが、今年は四捨五入の関係で「70~80%」と、一つ高いランクに入った。

南海トラフ全体では100~200年の周期で巨大地震が発生していると仮定している。

-ニュース / News
-, , , ,

Copyright© R CHANNEL , 2019 All Rights Reserved.