噺(はなし)/ Story 話のネタ / Chatting

【2ch】世にも奇妙なニートの物語 第3話『家事手伝い』

更新日:

「世にも奇妙なニートの物語」
2chでおもしろいと絶賛されたID:UcMrseUd0さんの作品。
http://hayabusa.2ch.net/news4vip/kako/1360/13605/1360581143.html
ニートをテーマにした4作からなるオムニバス形式となっています。

 
第3話 『家事手伝い』

 
< 家 >
母「ったく毎日ゴロゴロして……」
母「働かないなら働かないで、家のことをちょっとは手伝ったらどうなの!?」
ニート女「ん~……」ゴロゴロ
母「このままじゃ、お嫁にも行けないわよ!」
ニート女「ん~……」ゴロゴロ
母「まったくもう……!」
ニート女「ん~……」ゴロゴロ

 
翌日──
母「ねえ、今朝の新聞に載ってたんだけど」
母「最近、若い人の間で婚活パーティーってのが流行ってるらしいじゃない」
母「今度、ウチの近くのホールであるから行ってきなさいよ」
母「お金は出してあげるから」
ニート女「えぇ~……めんどくさ──」
母「…………」ギロッ
ニート女「わ、分かったわよ……。行けばいいんでしょ、行けば!」

 
パーティー当日──
< 会場 >
ニート女(結婚なんかしたくないってのに……)
ニート女(まずは男一人一人と会話するのか……めんどくさ)
イケメン「こんばんは」キラッ
ニート女(あら、ステキな男!)
ニート女「こ、こんばんは!」
イケメン「ボク、燃料関係の仕事をしておりまして」
イケメン「今も事業を拡大しております」
ニート女「すっごぉ~い」
ニート女「私は家事手伝いしてまぁ~す」
ニート女(なぁんてね、家事なんかしちゃいないけど)

 
男「はじめまして」
ニート女「はじめまして」
男「今日はいい天気ですね」
男「今日がいい転機になればいいな、なんちゃって」
ニート女「は、はぁ……?」
ニート女(まぁいいや、気にしない気にしない)
ニート女「え、えぇ~と私、今は実家で家事手伝いしてます」
男「ぼく、公務員やってます。得点は入りませんけどね」
ニート女「へ?」
男「そりゃホームインだろ! なんちゃって」
ニート女(なんなのこの人……)

 
最終的に、参加した男女は互いに感触のよかった異性を選ぶことになる。
ニート女(今日印象に残ったのは──)
ニート女(イケメンさんと男さんね)
ニート女(イケメンさんは、なんかもう全てにおいて完璧だったし)
ニート女(男さんはダジャレのセンスは壊滅的だけど、いい人ではあったわね)
ニート女(う~ん……どうしよ)
結局、ニート女はイケメンを指名し、みごと交際することになった。

 
< 家 >
ニート女「ねえお母さん、料理を教えて!」
母「どうしたのよ、急に」
ニート女「デートで今度手料理をごちそうするなんていっちゃって……」
母「見栄張るからそうなるのよ」
ニート女「お願い! 他にも色々手伝いするから!」
母(このめんどくさがりが、こんなこというなんて)
母(やっぱりあのパーティー参加させてよかったわねえ)
母(女は恋をすると、変わるからね)
ジュウウウ…… ボワァッ!
ニート女「うわっちちち! あっぶない!」
母「ちょっと! 料理を勉強するのはいいけど、気をつけなさいよ!」
母「空気が乾燥してるからか、最近多いらしいから」
ニート女「アハハ……恋は燃えるってね」

 
しかし、デート中──
< 街 >
イケメン「このレストランで食事でもしようか」
ニート女「ええ」
ニート女「…………」
ニート女(なにか視線を感じる……)
ニート女「!」
ニート女(あ、あんなところに!? なんでいるのよ!?)
イケメンとニート女を監視するように、男がたたずんでいた。
男「…………」

 
イケメン「ん、どうしたんだい?」
ニート女(イケメンさんは気づいてない……)
ニート女(なら、この雰囲気を壊したくないし……黙っておこう)
ニート女「いいえ、なんでもないわ」
ニート女「早くお店に入りましょ!」
イケメン「うん」
ニート女(ただの偶然かもしれないしね)

 
無事、デートは終わった。
イケメン「今日は楽しかったよ」
ニート女「ええ、私も」
イケメン「よかったら送ってくよ」
ニート女「いえ、まだそんなに遅くもないし」
イケメン「そうかい」
イケメン「ところで、この間作ってくれた手料理、おいしかったよ」
イケメン「また食べたいな」
ニート女「…………」ポッ
イケメン「それじゃまた」ザッ
ニート女(イケメンさんって……エリートだし、私にはもったいないくらいステキ)

 
ニート女「……さてと」
ニート女「さっきからずっとついてきてるけど、なんの用?」
ニート女「どうして私だけに気づかれるようにしてたの?」
男「…………」ザッ
男「悪いことはいわない、アイツはやめときな」
男「アイスの食べすぎもやめときな、なんちゃって」
ニート女「……どうして? イケメンさんってなにかあるの?」
男「確証は持てないんだが……やめといた方がいい」
ニート女「なによそれ、そんなんでやめるわけないでしょ」
ニート女「しかもアイツとアイスってムリヤリだし、バッカじゃないの!?」
ニート女「さよなら」スッ
男「あっ……」

 
ニート女はイケメンとのデートを繰り返した。
母親との、いわゆる女性らしさの特訓もあり、イケメンの反応も上々であった。
ニート女「──今日もありがと。楽しかったわ」
イケメン「こちらこそ」
イケメン「ところでさ……これから俺の家に来ない?」
イケメン「君には、ボクのことをもっと知ってもらいたいんだ」
ニート女「…………!」ドキッ
ニート女(つ、ついに……この時が……!)
ニート女「ええ、もちろん!」ギラッ
ニート女(しまった……つい目を輝かせちゃった)

 
イケメンはニート女をある建物まで連れてきた。
ニート女「ね、ねえ……」
ニート女「なんか家っていうか、倉庫って感じなんだけど……」
イケメン「ここは人通りも少ないし、保管にちょうどいいからね」
ニート女「保管……?」
イケメン「君にもボクの副業……いや本業を手伝って欲しいんだ」
ニート女「え?」
倉庫には十数個の灯油タンクが並んでいた。
イケメン「ボクの本当の仕事はコレ、燃料関係」
イケメン「灯油でボヤを起こして、人が混乱してるスキに金品をいただく!」
イケメン「どうだい? 最高にイカしてるだろ!?」キラッ
ニート女「は……!?」

 

 
イケメン「何度かデートを重ね、君ならボクの素顔を理解してくれると分かった!」
イケメン「さあ、ボクと一緒にファイヤーしよう!」
ニート女(ちょっと待ってよ、なんでよりによってこんな──)
ニート女(おかしいでしょぉぉぉっ!)
ニート女「バッカじゃないの!? そんなのに協力するわけないでしょ!」
ニート女(に、逃げなきゃ!)クルッ
ガチャンッ! ボワァァァッ……!
火炎瓶の炎がニート女の逃げ道をふさぐ。
ニート女「ひぃっ!?」
イケメン「あぁ~……ダメなのかい……残念」
イケメン「ダメなら燃やすしかないなぁ~……」
ニート女「い、いやぁぁぁぁぁっ!」

 
すると──
男「そこまでだっ!」ダッ
イケメン「!」
ニート女「えっ!?」
イケメン「な、なんだお前は!?」サッ
イケメンが火炎瓶を投げつけようとするが、男の動作の方が速かった。
男「てやあっ!」ガシッ
ブオンッ!
イケメン「ギャッ!?」ドサッ
男「さあ、観念しろ!」
押さえつけられるイケメン。
男「殺人未遂及び火炎瓶処罰法の現行犯で逮捕する!」
ガチャッ……!

 
駆けつけた応援によって、イケメンは連行された。
男「ふう、危ないところだったね」
ニート女「あなた、どうしてここに……」
男「実は俺は刑事で、ずっとアイツを連続放火犯として目をつけていたんだ」
男「あのパーティーにいたのも、実はそのためさ」
男「しかし、表向きには大手石油会社のエリートで、後ろ暗いところが全くない男だし」
男「なかなか尻尾を出さないから、捕まえることができなかった」
男「だが、どうやら奴は君に本当に心を許したようで」
男「ようやく、こうやって捕まえることができた」
男「ハッキリ助言しておけば、君をこんな目にあわさずに済んだかもしれないのに」
男「オトリにするような形になってしまって、本当にすまない」
ニート女「いえこちらこそ……ごめんなさい。助けてくれて、ありがとう」

 
男「……ところで、実はあのパーティーの日、俺も君を指名してたんだ」
男「どうだろ……? 今度、一緒に食事でも」
ニート女「いいの? 私、あんなひどいこといったのに」
男「こっちだって刑事のくせにストーカーまがいのことしたんだ、お互い様さ」
ニート女「……だったら、私の手料理ごちそうしてあげる!」
男「おお、それはありがたい!」
男「……それにしても」
ニート女「?」
男「家事手伝いなだけに、火事手伝いにならなくてホントよかったね!」
男「な~んちゃって!」
ニート女「あらら……」ガクッ

 
~おわり~

 
第1話 『俺だけの才能』
第2話 『ゴキブリ』
第4話 『無職を減らす方法』

-噺(はなし)/ Story, 話のネタ / Chatting
-, , ,

Copyright© R CHANNEL , 2019 All Rights Reserved.